流産手術をした時の話の続きです②

痛い表現や、人にとって不快な表現があります💦
苦手な方は、ブラウザバックしてください。




【流産手術をした時の話】前回のお話はこちら




R5


R6


R7


R8


R9




自然に出てきてくれるの待つ選択肢もあったのですが、仕事をしていることもあったのと、先生からも「それなりに赤ちゃんも成長してて出てくるときかなり痛い&出血すると思う」と手術をすることを勧められたため、この判断をしました。



手術日はこの検診の翌日に決まったものの、全身麻酔の手術となるため付き添う人が必要と言われました…(先に行って欲しかった…!(´・ω・`))
私の実家は本州なので、親にお願いすることは出来ず繁忙期の旦那さんにお願いすることに…(大変申し訳なかった…)


普段私はとても涙もろいのですが、怒涛の展開すぎて病院では泣けず、旦那さんに電話した時に急に実感がわいて泣いてしまいました。



旦那さんからは、「仕事は何とでもなるから、とりあえずゆっくり休んで!」という温かい言葉を頂き、本当に感謝の気持ちしかありませんが、その時の私は一杯いっぱいで泣きながら家に帰りました。







続き→流産手術をした時の話③






*********************************
更新の励みになりますので下記のバナーを押していただけると嬉しいです♪

●人気ブログランキング
ブログランキング用①


●ブログ村
ブログランキング用②




Twitter用バナー

インスタ用バナー

*********************************